浸透していない今だからこそ投資家も注目しています

グーグルが出資したことで知名度が飛躍的にアップしたリップルですが、実際日本でも海外旅行などでリップルコインを利用するかたが増え始めています。現在急速に普及し始めている仮想通貨で、投資をするのであれば将来性を見込んだこのタイミングだと見ている投資家も少なくありません。

 

リップルでやり取りをする仮想通貨は、その手数料の安さと送金にかかるスピードの早さが魅力になっています。たとえば世界初の仮想通貨であるビットコインでは、取り引きの承認作業が発生することで送金手続きには完了までに数分から10分程度かかってしまいます。

 

しかし、リップルは国際間取り引きでも瞬時の取り引き処理が可能となっており、送金は一瞬です。ビットコインでデメリットとされていた送金スピードの遅さを補う決済システムを採用していることがメリットの一つになっています。

 

また、第三者機関を通さずに取り引きが可能となっているため、送金手数料はほとんどかからないというのも嬉しい点です。それから、仮想通貨は国や機関などの依存することがない体制が確立されていることから、たとえば国の財政が不安定になってしまってもその価値に影響が出てこないというところがメリットになっていて、リップルコインも例外ではありません。もちろん送金額に制限もかかっていませんから、24時間土日祝日も含めていつでも好きなだけお金のやり取りを行うことが可能です。

 

相場の変動が大きいという点と、法定通貨のように価値の補償がないというデメリットは覚えておかなければなりませんが、投資をし始めるなら知名度が上がってきている今でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>